丁寧な暮らしを体験できるおうちの外の、もう1つのおうち。

安心安全なコミュニティ作りと、SDGsに関して

2019.08.17

安心安全なコミュニティ作りと、SDGsに関して はコメントを受け付けていません。

安心安全なコミュニティ作りと、SDGsに関して

こんにちは。板谷です。
「そとんち」の様々な事を覗き見できるようなサイトにしよう!
という想いからこのサイトを始めたはずなのですが、
イベントの告知とか報告とかが多くなっていましたね。

今回は、告知でも報告でもない話を記載しようと思います。

友人が、私の場作りについての話を書き送ってきてくれたのが
興味深かったので、紹介します。

掲載許可をとる中で、私の名前でも、友人からの文章というのでも、
どちらでもご自由にという話ではありました。

私がやっている「場作りについて」私が自分で書いた体裁にすると、
なんだか、おかしな事になっていくので、
友人の文章を一部カットはしていますが、そのまま掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
板谷さんのしようとしていることは、新しい領域なんですよね。
わたしは、「心理工学」って名付けるといいと思ってるのですが、
それをやっている人は少なくて、概念もできてないから。


板谷さんの取組み全体を見ていてつらつら思ったのですが、  
安心安全なコミュニティ、
人が真に生きて所属する社会を作る途上では、
三つの要素が必要で、  

1.「安心安全なコミュニティ」にふさわしい人たち。  
 :自分を持っていてやりたいことがあり、
 人と良い方向でコミュニケーション出来る人たち。  

2.みんなで集まってすること。   
:これは、自然環境体験でもいいし、起業の講座でもいいし、
みんなで教え教わりあう学校でもいいし、食事会でも良いです。

多くの人が集まれるために、大人向け、子どもファミリー向け、
不登校とか何かに困っている人向け、企業人向け、でもいい。
人が集まり仲間になるフックがいろいろあるのが、良い社会だから。  

3.「多様な人が集まる自由で安心安全な空間」   
:場づくり。自由で、多様な人たちが訪れて変化と成長を促してくれて、
安全安心さを確保してくれる空間。 

この三つが必要です。

コーチングとかNVCとかの講座は
1.をやっています。

自然体験教室とかは、2.をやっています。

フューチャーセンターなどの会は、3.をやっています。  

でも、一人の人が、自分を確立して人とコミュニケーション出来て、
実際にそういう場に所属して、
生き生きといろいろ実践している社会参加するためには、
1.2.3.の三つとも必要なのです。


sopa.jp、板谷さんの試しているのは、
この三つの要素を全部いれながら、
板谷さんの周囲に「安心安全なミニ社会」をつくる実践なのですね。  
実際の世の中は安心安全じゃないし1.2.3.を満たせる人は少ない。

でも、そういう人でも板谷さんの周囲にいれば、
1.2.3.を完備したミニ社会を経験できる、ということで、  
そういうミニ社会が、海の中の島のように世に増やしていく、
というのが当座の目標なのかも知れませんね。

「安心安全で、人々が繫がり協力する真の意味での『社会』」が
今の時点での人類の総体として求める方向だと思うのです。

そして、こういう「自立した人」と「協力する人たち」がいればこそ、
SDGsの17個の目標の達成は可能です。

逆に言うと、自立した人も協力する人たちもいなければ
SDGsの達成は無理ですし、
機械やベーシックインカムのおかげで生きていけても

「安心安全で、人々が繫がり協力する真の意味での『社会』」がなかったら、
そんな社会は「社会」ではないし、求めてはいけない方向だと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この友人からの文章を読んで、「なるほどなぁ」と思いました。

まだ、「そとんち」という名前がなかった頃、
団体内で、「板谷王国」とか、
「いた邪馬台国」と呼ばれていました。

平和な空間です。

実際に、年齢も様々で、
「娘と同じ世代に人の話が聴けて良かった。」
という方もいらっしゃいます。

反対に、
「40代、50代になってもこんなに悩んでいるんだなぁ。
しかも、悩みも深刻だ。私の悩みって実は小さいかも!」
という感想を抱く10代の人もいます。

1をやるために、言葉のおけいこや
コミュニケーションの講座に初期の頃は力を入れていました。

自分の軸が無いと、どこに行っても、大きな声の人、
強い人に巻かれてしまって、後回しの人生が待っているので、
そのあたりの軸を明確にしながら、

「そとんち」で様々な実験や実証実験を通して、
成長していってもらえたら良いなぁと思って、
「よろず相談」や「パーソナルコーチング」などを提供しています。

2は、共通体験◎
あるときは、流しそうめんですし、またある時は、
古民家を舞台にした自然体験や、夕食会だったりします。

「受け身でサービスを受ける」に終始するのではなく、
自分で考えたり、行動して、楽しめる、
よりよくできる間や工夫に機会を沢山用意しています。

何かやってもいいし、やらなくてもいい。
そんな自由があります。

あくまで、機会を提供し、一緒に楽しんでいく。
サービスというよりも、コミュニティとして、
人と人として関わっていけたらという想いが根底にあります。

「人の社会的孤立」を無くす取り組みを拡大進化させています。
昨年は、全国で居場所やコミュニティを創っている人達との
横の関係を作る「コミュニスタ」という100名程のコミュニティを作りました。

全国の仲間ができて、
様々なツールについてや情報交換してもらえるので、
とっても心強いですし、
全国、どこに出張に出かけても会いたい人が増えました!

また、不登校の子どもの自殺を減らす
「不登校は不幸じゃない」という活動に協力しており
「そとんち」はその東京都文京区会場です。

その他引きこもっていたり、
なかなか外出がままならない人との交流機会として、
音声動画配信もしています。
http://sotonchi.info/?p=1354 


3年程取り組んでいる「そとんち」の活動ですが、
他の方の言葉や視点、観点を通してみるのも楽しいなぁと
思いました🎵

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 特定非営利活動法人sopa.jp理事/事務局長
 森の演出家協会 事務局
 板谷 友香里(いたやゆかり)
 〒112−0002 東京都文京区小石川5−13−6 マンションマキ204
そとんち  http://sotonchi.info/ 
森の演出家協会 http://mori-kyoukai.com/
 
8月18日不登校は不幸じゃない
http://sotonchi.info/?p=1298
 
10月6日アウトドアクッキング〜秋〜
 
※そとんちのCM動画、公開中↓
 
※活動の背景となる想い
 
〜殻破り道場 講演会スケジュール〜
 
8月28日「JXTGグループの新事業会社CEOが語る 
『飛び地への挑戦。JXTGのレタス栽培事業へのチャレンジ』講演会
 
9月18日武田薬品のIRグローバルヘッドが語る 
「 通信会社と製薬会社のイノベーションと ビジネスモデル 」講演会
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

1日で深いつながりの出来るイベント

募集中のイベント

「そとんち」で開催する様々なイベントの情報です。
みんなでワイワイ食卓を囲んでいただく、ご飯会の他、
奥多摩の古里や御嶽で開催するイベント情報もあります♬

「家族だけじゃない家族のような仲間」 になれる寄付

500円から、周りの人と関係を築く事の出来る寄付です。