丁寧な暮らしを体験できるおうちの外の、もう1つのおうち。

ブロックチェーンと、コミュニティ作りのフェーズは似ている〜ブロックチェーンを使った新事業創出の取り組みから見えたこと〜

ブロックチェーンと、コミュニティ作りのフェーズは似ている〜ブロックチェーンを使った新事業創出の取り組みから見えたこと〜

こんにちは。板谷です。
昨日は、殻破り道場オフ会、
「ブロックチェーンを使った新事業創出の取り組み」
でした。

イベントの概要に関しては、殻破り道場のfacebookページ
見ていただくとして、この空間では、
私の気づきについて言葉にしていこうと思っています。

オンラインサロン殻破り道場
今年の4月にスタートしたのですが、
スタート当初はアドバイザリーとして。

今は、事務局としてコミュニティ構築、
広報担当をメインにしながら運営に携わっています。

「そとん家(そとんち)」という、おうちの外のもう一つのおうち。
安心な空間で、家族だけじゃない家族のようなかけがえのない人に出会えたり、
食卓を囲む事ができる場所が、茗荷谷の「そとんち」だとしたら。

殻破り道場は、「そとん知(そとんち)」とでもいうのか。
自分の認識の枠以外の新たな観点ややり方を得る。
「既成概念への引きこもりからの脱皮」です。

社内孤独、本業での成功体験、親の見栄=大企業への帰属・・・ 
そういった殻(既成概念)への引きこもりから脱皮しませんか?
その実現の為、殻を破って、脱皮したメンター陣が伴走しますよ!
という感じです。

昨日のイベント。

まずはじめに、
殻破り道場のメンバー発表①として、
コラボゲートの栗原さんから、
欧米での先進事例の紹介。

ブロックチェーンとトレーサビリティの議論での、
カルフールのブロックチェーン活用の動きや、
2次流通での
ルイヴィトンのブランド認証管理。

海運での荷物を個別にトラッキングできる仕組みの構築、
MaaSビジネスポイントなど、様々な事例を伺う事で、
ブロックチェーンで可能になる未来について、
想い描く事が可能になりました。


その後、殻破り道場のメンバー発表②として、
ルネサスエレクトロニクス前村さんから、
ルネサスでの取り組み紹介。

前村さんは、日頃、社内SEとして活躍されていて、
社外の人に向けてプレゼンをする機会はほとんど無いそうです。
自社の事や、自分自身が抱えている課題について、資料を作り、
言語化して、発表することからして、新しい挑戦だったとの事です。

サニースクールや、様々な自然体験などの中で、
プレゼンの機会を創ったり、自分の想いを言葉にする事を
大切にしています。
伝えること、受け取ること。

そのどちらも、一見当たり前に見えますが、回数を重ねて、
トレーニングする事で、どんどん進化していきます。
目の前の人への理解が深まっていく事で、親和性が高まったり、
一緒に働きたいという想いが醸成されていく事ってありますよね。

日本では、プレゼン技術や伝えること、人の話を受け取る事を
学ぶ機会がありそうでなさそうだと常日頃から思っているのですが
その大切さについて、改めて気づく機会を得る事ができました。

大人向けのコミュニケーションは、
Create Lifestyle Support Teamという場で
コラボレートパートナーとして携わったり、
パーソナルコーチングを提供しながら、
人と人が応援しあえるような関係性を創る事をしています。

日経ITアワード2019表彰などIOT導入策が注目されている、
キューピー荻野さんと日本郵船鈴木さんにメンターとして、
ご登場いただき、コラボゲートの栗原さんと共に、
下記の3点をメインに、パネルディスカッションしていただきました。

・社会課題と新技術を活用した
 これからの事業経営で大事なこと

・会社としてのブロックチェーンに対する印象

・ブロックチェーン含めた新技術を
 新規事業として進めていく上でのポイント

その後、参加してくださった方との質疑応答や、
それぞれの企業でのお話、フリーディスカッションなど、
非常に盛り上がりました。

キューピーの荻野さんのお話の中で、印象に残った事は、
AIを活用した原料検査装置を開発・導入した際の、
視座の高さでした。

協調領域を明確にして、新しい価値を創っていくこと。
日本の中で競争するという所の枠組みに留まらず、
日本の企業同士で力を合わせていくことや、
ライバルと見なされる企業の方を尊重するあり方が素敵でした。

また、外に問題点を求めたり、技術ありきではなく、
自社の理念を読み込んだ後に、現場を訪ねて、
自社の中にどんな課題があるのかを明確にし、
課題を解決していくあり方。

会長の方や取締役の方、お一人お一人とアポをとって、
真摯に話しながら、応援してくれる人やサポーターを増やしていく。

会社というより、志を持った人がやり抜くこと。
リーダーとして目立っていれば、集めようと思わなくても、
人が沢山来てくださるというご自身の体験に根ざしたお話に感銘を受けました。

日本郵船の鈴木さんのお話の中では、
自社として、どういう立ち位置で、
どのように活用するのかなど、
予め立場をとっておく事の大切さを学びました。

周囲の流行や闇雲に動く事に惑わされない、
ブレない軸に繋がるのではないかと感じました。

ブロックチェーンは、
様々な人達と、コンソーシアムを組んだり、
クローズドにしたりと、適した方策を
試しているという話が出て来ました。

ISOで、ブロックチェーンを定めたり、
標準化の動きも出ているとか。

コミュニティ作りとも重なる
部分があるように思いました。

今まで、「発達障害」は発達障害の人だけ、
「不登校の人」は不登校の当事者と、その保護者が集まるなど、
特定のクローズドな集まりが多いと感じていました。

「そとんち」では、当事者に限定する事なく、
多様な人が多く集まる場を提供してきました。

発達障がいの当事者の方は、
「発達障がいの会で、現状に不平をいうのではなく、
改善の方法を知りたいし、一般の知り合いや友達を増やしたい。」
という想いから、そとんちにいらしてくださる事も多くあります。

また、一見、そういった問題を抱えていない方も、
実は、幼い頃に親御さんを亡くされていたり、
様々な家庭環境であった方だとか。

配偶者を無くされ、70を過ぎてから1人暮らしを余儀なくされるなど、
ご本人も意識しない中で、実は、何らかの「社会的孤立感」を
抱える瞬間に見舞われる方もいらっしゃいます。

そうした方々が出会うことで、
「友達」になり、社会的孤立感を減らすことに役立っています。

「多様な場」が参加してくださる方の視野を広げ、
社会的孤立感の低減や生きやすさにつながるということに関して、
「そとんち」を3年間やってきた中で、
個人の経験としては認識しているのですが、
一般的な調査などは聞いたことがありません。

来年度は、当事者の方へのインタビュー調査を行い、
年代や問題に関してと、解決や生きやすさに
つながったことなどをwebサイトを通してまとめたいと思っています。

 

また、「多様な人達との出会いによっての生きやすさ獲得」
に関するシンポジウムを開催し、
全国の取り組み事例などについても、
見識を深めていきます。


富山県では、コミュニティと
障がい者の多様な人向けの補助金として、
1回3,000円から5,000円が支給される
制度があるという話を聞きました。


最終的には、コミュニティと障がい者の多様な
人向けのコミュニティを全国各地で作っていったり、
それを後押しするための制度設計を
定めていければと野望を持っています。


現在、戸吹スポーツ公園のサニースクールの
スポーツ教室や、海老名のサニースクールでは、
発達障がいの子どもも、
そうでない子どもも共に学ぶ機会を提供しています。

公園では、多様な横の場を形成するべく、
取り組んでいければと思っています。

そういった、日々、私が取り組んでいる事も、
様々な「コミュニティ」が注目され始めている中で、
起きて来ている事だと思います。

ブロックチェーンも、コミュニティも、
それぞれ、黎明期でこれから
どんどんインフラとして発展していくのだろうな。

そして、そこには様々な可能性が含まれているのだろうな、
という事を感じました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 特定非営利活動法人sopa.jp理事/事務局長
 森の演出家協会 事務局
 板谷 友香里(いたやゆかり)
 〒112−0002 東京都文京区小石川5−13−6 マンションマキ204
そとんち  http://sotonchi.info/ 
森の演出家協会 http://mori-kyoukai.com/
 
10月6日(日)アウトドアクッキング〜秋〜
 
10月17日(木)まり子さんの手作り夕食会
https://20191017dinner.peatix.com/view
 
※そとんちのCM動画、公開中↓
 
※活動の背景となる想い
 
〜殻破り道場 講演会スケジュール〜
 
9月25日(水)ブロックチェーンを使った新事業創出の取り組み
 
10月11日(金)産総研のAIセンター長が語る 
「人工知能の将来シナリオと、日本の針路」講演会
https://karayaburi-20191011.peatix.com/view
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1日で深いつながりの出来るイベント

募集中のイベント

「そとんち」で開催する様々なイベントの情報です。
みんなでワイワイ食卓を囲んでいただく、ご飯会の他、
奥多摩の古里や御嶽で開催するイベント情報もあります♬

「家族だけじゃない家族のような仲間」 になれる寄付

500円から、周りの人と関係を築く事の出来る寄付です。