丁寧な暮らしを体験できるおうちの外の、もう1つのおうち。

農業✖️ITで拓ける未来

こんにちは!板谷です。

12月11日〜12月13日まで、東京ビッグサイトで開催された

「中小企業新ものづくり・新サービス展」が開催されました。

https://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/i…/landing.html…

日頃、神奈川の三川公園で小学生の枝豆・大豆作りに携わったり、

「そとんち」でお味噌作りをすること。

漆の器を作る活動などを通して、丁寧な暮らしをすること。

身の回りの1つ1つのモノや、人や環境を意図的に選択していくこと、

自分の想いを言語化することを大切にしています。

あるご縁から、株式会社笑農和さんのブースをお手伝いすることになりました。

株式会社笑農和さん

https://enowa.jp/

笑農和の代表の方のお家が米農家さんだったことから、
農業✖️ITの取り組みを始められたそうです。

ブースで紹介をしていたのは、水稲農家向け水位調整サービス。
https://paditch.com

水路に板をはめて、腰を曲げて板を抜き差ししていたのが、機械化!

いちいち、全ての水田の板を抜き差ししなくとも、
家にいながら、ケータイのアプリのボタン1つで開閉出来るとのこと。

兼業農家で、急な残業になっても、会社からボタン1つで完了(^^)
タイマーを朝にセットしておけば、早起きも不要になる優れもの。

減水や詰まりなど、異常事態が起きた際にはアラートで教えてくれる(^^)

農業の事業継承で難しいのが、美味しいお米を作るコツ。

この機械には、水位や水温のセンサーがあり、自動計測し、グラフがケータイに届く。
過去のデータを基に、水位や水温の調整をしていく事が可能になったので、

親御さんから農業を引き継いだ後も、
データに基づいて美味しいお米を作ることが出来るようになるそうです。

機械に頼れる部分は頼って、農業の担い手の方が豊かな生活を出来ることを応援しています!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 特定非営利活動法人sopa.jp事務局長・CLST東京主催
 板谷 友香里/ ITAYA YUKARI
 〒112−0002 東京都文京区小石川5−13−6 マンションマキ204
 TEL: 070-5464-3070
 Email: yukari.itaya@sopa.jp
 URL: http://www.sopa.jp/ https://www.clst-sf.com/
 そとんち:http://sotonchi.info/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。