実は違和感こそが、本当の自分の思いに気づくキッカケ

ダハハの会

共感がコミュニケーションの基本?

共感している時は、「私もそう思う◎」って言葉に出来ます。
近い世界観、感性を持っている人の存在に嬉しくなったり、
様々な未来を一緒に創っていけるような気がします。

 

でも、共感できずに違和感ばかりしか出てこない時はどのように対応しますか?

違和感との向き合い方

「あー共感できないんだけれどなぁ・・・」という思い。
でも、「共感できないです。違和感です!」なんて
ハッキリ言い切ってしまうと空気を壊してしまうかもしれないですし、
違和感についてニュートラルに話し合うということに日本人は慣れていないように思います。

だから、そのまま無言でその話題が過ぎ去るのを待ち望む・・・。
そして、もやもやは溜まり続ける・・・。

 

実は違和感こそが、本当の自分の思いに気づくキッカケ

好きの反対は無関心とはよく言ったもの。
違和感で心が動くということは、自分の大切にしている価値観が根底に眠っている証でもあります。

違和感を言葉にしてみることで、自分の本当の気持ちを自分にきかせることができます。

 

言葉に出すには安全な場所を選んで!

折角の自分の違和感を言葉にする機会。
・・・とはいえ、いきなり会社や夫婦の中で違和感を言葉にし始めたら、
関係が一気に悪化してしまう危険性がありますので、おすすめすることはできません。

違和感を差し障りのある場所で言葉にするまでには、
ある程度、自分の思いを言葉にする経験を積んでからにすることをオススメします。

 

さて、差し障りの無い分野で、いざ違和感を探そうとすると至難の技。

 

違和感を言葉にする機会、それがダハハ会

ダハハの会の<コンセプト>とは、
人の目や常識にとらわれず、ダハハと笑って自分を生きよう!です。

ダハハ会は、対話を通じて、
『自分につながり自分を生きる!』そのキッカケやヒントになる、ゆる〜い会です。

・普段は感じにくい、違和感やもやもやという感情を丁寧に言語化して
本当に感じている素の感情を安心して表現できます。
・違和感やモヤモヤする感情をアンテナにして、本心につながれます。
・外側からではなく、内側からじわじわ気づくような対話です。

「違和感」を沢山、ご用意してお待ちしています

「自分の中でのちょっとした嬉しさを興奮して伝えたら、
どうやら世間とズレていたようで、ドン引かれてしまった」とか、
「感じていたことを素直に表現してみたら、変人扱いされてしまった」とか、
誰にでも1つや2つそのようなことはあるかもしれません。
・・・とはいえ、いきなり違和感を言葉にしてみてくださいというのもハードルの高い話です。

こちらで「違和感」を感じそうなネタを沢山、ご用意してお待ちしておりますので、
どうぞ楽しむ気持ちで気楽に遊びにいらしてくださいな。
様々な話を聞いていく中で、違和感や共感を感じてくださったり、
想いを言葉にしてみたくなったタイミングで、どうぞ、言葉にしてみてください。

自分の違和感や想いに耳を傾けることや、
普段、全然違う境遇で生きている人の話を丁寧に聴くことから、
丁寧に生きることへもつながるとみています。

ダハハ会の日程と詳細

日 程:5月11日(金)19時〜22時
場 所:NPO法人sopa.jpオフィス/そとんち
(東京都文京区小石川5−13−6 マンションマキ204)

アクセス

参加費:3,000円(税込)/
当日払い:なるべくお釣りのないようにお願いします♬

常識にとらわれず、自分をもっと楽しみたい人、ぜひ、お越しくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です