自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』開催レポート

この記事は5分で読めます

自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』開催レポート

自分の声を聴くことから始める「言葉のおけいこ」で、自分に起きている影響を知る

あなたは、自分の言葉が、自分の想いにフィットしていないと感じた事はありませんか?

そんな時って、伝えたい気持ちはあるのに、もどかしい・・・と思ったこともあるかもしれません。

 

「こんな自分はダメだ。だから自分を変えないといけない」 と思った事はありませんか? そんなときって、いつも同じようなことで悩んでいると思ったこともあったかもしれません。 「自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』」 今回、ご紹介するのは、「自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』」です。 『言葉のおけいこ』を通して、自分が自分に対して使っている言葉を観察し、整えていくことで、 自分や他者との関わりが今以上にあなたの喜びや幸せに繋がっていくことができるんです。

日常は、家族や職場、友人をはじめとして、

たくさんの「人」との関りで成り立っており、

それらの関りの彩りを豊かにし、温もりを高めてくれるのが、

「対話」であり、そこで使われる「言葉」です。

 

そんなやり取りの中で、人はときに思いがけない言葉に出会うことがあります。
他者からの言葉に傷つき、自信を喪失し、行動への不安を募らせ…と、
言葉からの影響が思いがけないところまで及んでしまった経験を
したことのある人は少なくないでしょう。

 

だからこそ、それらの経験から学び、
他者からかけられる言葉には敏感で、用心深くなれます。
が、そんな人も、自分が自分にかけている言葉に対してはどうか?
と尋ねると、その影響に気がついていないか、
気がついてはいても、どうしようもないと諦めている人が目立ちます。

他者との接触は限られた範囲、時間であるのに比べ、
私たちは、365日、24時間、生涯を終えるその瞬間まで
絶え間なく「自分」と言葉を交わしています

にも関わらず、「人の話はしっかり聴きましょう」との教えを受けることはあっても、
「自分の声をしっかり聴いてあげましょう」という教え、
そこからの取り扱い方に触れたことのある方は、限られるのではないでしょうか。

自分の言葉が自分にとって自信や力、勇気を与えてくれるものであるか
はたまた自分を貶め、傷つけ、自信や力を奪うような言葉であるか。

その言葉が人の心身に与える影響について、多くを語る必要はないでしょう。

他者からかけられる言葉は選べませんが、自分が自分にかける言葉は選べます

自分の声に耳を傾け、自分に起きている影響を明らかにし、
必要に応じて影響の質を転換させる言葉と差し替える

そしてまた、自分の声に耳を傾け、自分を観察する

こうして、自分の声に耳を傾けることを通じて自分を知れば知るほど、
日常における様々な対話において、自分の思いや考えに、
より近く、 ふさわしい言葉を選べるようになります。

その言葉は自分への理解を備えたものですので、
自分の発言への自信も備わり、結果、 言葉を発することへの迷いや恐れがうすまります。

第三者が自分への理解を示してくれた時、人が安心感やパワーを得られるように、
自分への理解を備えた言葉は、自分を力づけ、元気を与えてくれます。

さらに、自分の本意が伝わりやすくなりますので、
「自分を伝えられた」安心感に基づき、周りとの調和をはかる対話に向かえます。

と、シンプルだけれど大いなる可能性を秘めた「自分の声を聴く」という選択を提案しています。

 

5月27日に、自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』を開催

5月27日(日)は、1部:私は私をこう言う人だと思っている

2部:人との関わりを楽にする言葉を開催しました。

1部:私は私をこう言う人だと思っている

自分において、自分への理解が深まり、自信や自尊感情が高まること、
公私に渡る人間関係や環境の整備、将来設計等の備えのヒントが得られる講座です。

自分のひらめきや心に思いついた事を採用してあげることや、
自分の出した声を自分に聴かせてあげることを大切にしながら
実践的なワークを行いながら、様々な気づきを手にしていただきました。

ランチ会

講座に参加してくださった方の声

講座に参加してくださったの中で、「掲載していいよ!」
という方からいただいた、言葉を共有します。

●私は人との関わりで大切に思う人に対し、関わりの深さを大切にしているところがあり、そうすると、その大切な人が亡くなるときに受けるダメージが大きいと感じていて、なるべく深く関わりをする人を増やさないようにしているところがあります。それも影響して、あまり人との関わりを広げないようにしていましたが、自分がダメージを受けるその時を恐れるがあまり、人との関わりを狭くしてしまうのはもったいないのではないかと思いました。そう思う自分として、また新しく人との関わりをもっていきます。(30代・女性)

●これまで、自分で自分の味方をせず、
逆に追いつめてしまっていたのではないか、と気づくことができました。

転職活動にあたり、色々な人の意見を聞いて右往左往していましたが、
まずは自分自身の声をじっくりと聞いていくところから始めたいな、と思います。(30代・女性)

●「自分とどんな人か」をあえてこれまでふわふわしたままにさせておいたのですが
もう少し明確にしてあげようかと思いました。そろそろ。(30代・女性)

●自分と向き合うこと、自分の言葉をきくこと。こういう場がないと、なかなかできないと実感。
自分の声を聞き、耳を傾けて、自分に正直に生きていいのだと、自分に返して行こうと思います。
松本さんの言葉に触れて、背筋がぴしっとしました。(40代・女性)

●自分の声を自分で聴き、その言葉が自分にどう響くか、、、
良しとするか?違和感があるか?感じてみたいと思います。
良しとする言葉を生きてみようと思います。(50代・女性)

●常に揺れている自分に気付いた。自分がわからないとずっと思っていた。
自分であって自分でないような・・・。

どんな自分(理想どおりではないとしても)でも、自分を生きていくしかない。
変換期に来ていることを知るために参加したのかも。(60代・女性)

 

2部:人との関わりを楽にする言葉

周囲に対して、他者の言葉への関心が変わったり、
相手の真意や背景、事情などをとらえる力が高まったり、
相手に届く言葉を選ぶ力が高まったり、
相手への理解を踏まえた提案力の高まる講座です。

「人との関わりを楽にする言葉」というものを提供する訳ではありません。
それぞれの人に合った言葉を編み出せるようになるための、
今、何かに困っている人がいたら、まずは、手当てをするようになれるような2時間でした。
20代から60代まで、様々な立場の方が参加されているからこその、
それぞれの立場での理解が深まる場面もありました。

講座に参加してくださった方の声

講座に参加してくださったの中で、「掲載していいよ!」
という方からいただいた、言葉を共有します。

●本日は、講義に参加出来て良かったです。
現在の自分が行動できて、そこに足を踏み入れ、体験することが出来たのは、過去の自分がそこに興味・関心をい出して選び取って出来て来たことなので、自分が出来て来たことを認めてあげられたと望んでおります。

言葉と本人が持っている可能性について理解を深めていきたい。
「過去の自分を承認すること。」(20代・女性)

●自己表現して良かった、と感じることがこれまで(普段)あまりなかったのが、
本日は先生やペアワークの相手の○○さんから頂いた言葉で気づかせて頂いたことが多くあり、
話をして良かったな・・・と思いました。
来て良かったです。ありがとうございました。(30代・女性)

●自分が出会う言葉・かけられる言葉は精査出来ないという言葉が印象に残りました。
自分に気をかけてあげることが大切だなぁと思います。
今日はとても勉強になりました。どうもありがとうございました。
自分を大切にしたいと思います。(30代・女性)

●自分を叱る自分ややりたいことをやらせてあげようとする自分
いろんな自分の声がしますが、どれも自分自身を思ってのことというのはちゃんと受けとめて
調和をとっていきたいと思います。(30代・女性)

●人との関わりで残念だと思ったことをシェアし、考えることで、
なぜ残念に思ったのかを理解し、相手への感情よりも、
そのとき自分はどう対応するかといったことを考えられたので、
人との関わりでいかしていきたいと思いました。
もっと他の方の話も聞けたらと思いました。(40代・女性)

●松本さんの講座から半年経ってからの「言葉のおけいこ」
自分にとってメンテナンスの様な時間でした。
この講座後の気持ちの良い感じ・・・久しぶりです。
自分を信じて、やりたいことを選択し、この「おけいこ」に参加した自分を認め、
もっともっと自分と向き合っていきたいと思います。
また東京での講座があると嬉しい・・・です。(40代・女性)

●自分の人生を考えても良いんだよ、と自分に声をかけていきたいと思います。
自分の世界を創っているのは自分。腹をくくると動き出す!
自分の思いが、周囲を創り世界を創るを改めて感じました。
ありがとうございました。(50代)

●「役に立とうとすると、相手は問題を作らねばいけなくなる」
人の為といいながら自分の為にと流れていく感じがして、ハッとした。
人の為にならねば生きていてはいけないような感覚。
もう、いらないかな。幸せな私でいい!!(60代・女性)

オンラインで受講ができる「言葉のおけいこ」

~外出の自由が利かない方、会場へ出向くのが難しい地域に
お住まいの方にも受けていただけるオンライン講座のご用意が整いました~

6月20日(水)自分の声を聴くことから始める言葉のおけいこ@オンライン開講!

テーマは「自分の軸」

今回のテーマは「自分の軸」です。

人にとっての「軸」とは、「活動の中心となるもの。要(かなめ)」で、
機械では軸類が破壊すると大きな事故につながることが多いと言われるほどに大事な点です。

意味合いにおける重要性は、人にも通ずるところがあるように感じています。

「自分の軸」について日頃から意識している方は研鑽に、
そうではない方、そもそも自分に軸はあるのだろうか?
という方は、自分の軸に通じているのかもしれない言葉を発見する機会として、使ってみませんか?

オンライン講座の詳細

・開催日時: 6月20日(水)10時~12時
・参加方法: ZOOM(無料通話ツール)

・受講料:3,000円(税込)
※ZOOMについてはこちらをご参照ください。

 http://zoom-japan.net/zoom/

申し込み

通信制限が心配な人は

「自宅はwifi設定をしていない」
「ケータイの速度制限が心配」
という方は、スターバックスなどでwifiが使用出来るカフェからの受講がオススメです!
その他、何が聞きたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせ先

Create Lifestyle Support Team

TEL/070-5464-3070 (板谷)080-3849-5723  (野村)  

E-mail/clst@clst-sf.com

松本真紀子さんの連載記事

自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』講師の松本真紀子さんの
連載記事をご覧いただくことができます。

どんな講座か、講座で学ぶことのエッセンスが凝縮されておりますので、
もし、ご興味のある方はご覧くださいね!

 

下記のリンク先よりご覧いただけます。

https://m-c-lab.clst-sf.com/wp-content/uploads/2018/03/rensai_all.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自分にフィットする言葉を見つける
  2. 6月20日(水)自分の声を聴くことから始める言葉のおけいこ@オンライン開講!
  3. お悩みカフェ
  4. 全国各地のご自宅から参加可能!オンライン版:自分の声を聴くことから始める言葉のおけいこ
  5. 元シュガーの長澤久美子さんのリアルを聞こうから印象に残ったこと3つ!!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分の声を聴くことから始める『言葉のおけいこ』開催レポート