「まずは、とりあえず集まってご飯を食べる」それが解決への道

この記事は2分で読めます

ランチ会

もしや・・・世に言う5月病?

会社や学校が始まって、早1ヶ月が過ぎてGWが終わる。 新緑の5月。初夏へ向けて、気候は穏やかでキラキラしてる。 なのに、なぜか、「もやもやする」「なんとなくツマラナイ」 「生きにくさを感じる」そんな方はいらっしゃいませんか?

「まずは、とりあえず集まってご飯を食べる」それが解決への道

とりあえず、休日に「そとんち」で集まってみる。 困ったり、何かしら動き出したかったり、ちょっと倦怠感を感じていたり。 それぞれの状況や背景はおありでしょう。 「集まってどうなるの?」 「解決するの?」 まずは、とりあえず、美味しい精進料理と紅茶を用意しておきます。 とにかく、遊びに来てください。 地方から上京してきて、友達がいない? 知り合いがいない? 悩みは1人で抱えているうちにどんどんと膨らんでいったりします。 1人で考えているうちに、パッと閃いた、 「私っておかしいのではないか?」 「あ、最近、流行り?の発達障がいかも!」 というところから、段々と追い詰められていってしまうかもしれません。 (発達障がいかもしれなかろうか、発達障がいで手帳を保持していようが、 生きづらさを抱えている人、大歓迎です!)

困った時に役に立つのは利害関係のない緩やかな人だったりする

困った時に役立つのは、今までの友人、 家族などの関係性であるとは限りません。 友人、家族は、大切な人だからこそ、 言いたくなることがあるかもしれませんし、 それを聞いて、自分を責めることが 必ずしも回復につながるわけではないかもしれません。 (相手にも、言いたくなる背景や想いが強くあればあるほど、 ニュートラルに物事を捉えられないことが多いです) 第三者や日頃関係ない人、新しい関係性の方が、 「あなたはこういう人」という枠が出来ていないので、 新鮮に向き合ってくれるかもしれません。

悩みに上下関係はない

「みんな、過酷な家庭環境過ぎる・・・それに較べたら平凡な家庭だし、 周りの人に較べたら、幸せに思わないとバチが当たる・・・」 という想いが湧いて、なかなか言い出せない人もいるようです。 あなたが生きにくさを感じている気配がするのであれば、それで十分です。 世間から見たら、幸せに見える人が、 人知れず悩みを抱えていることも、よくあることです。 まずは、ランチを食べにいらしてくださいな! 新年度が始まって、新しい環境で少し違和感を感じたり、ちょっと疲れていませんか? 休日に、みんなの悩みごとを持ち寄って、身体に優しい精進料理を食べながら、 語り合うことで、自分の生活を見直してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. あなたにとって居心地とは?30分の居心地にまつわる対話。
  2. ダハハ会
  3. 8月の「zoomをつかったオンラインお茶会|エブリデイ@お茶会」やりますよ〜
  4. 自然体験
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。