森の演出家土屋一昭氏と巡る文京区自然体験

この記事は2分で読めます

自然体験

いつもの道を丁寧に歩いてみる

そとんち」は「丁寧な暮らしを体験できる、おうちの外のもう一つのおうち」として、 普段、なかなか1人では出来ない、違和感を言葉にしてみるダハハ会や、 言葉を観察し整える「自分の声を聴くことから始まる言葉のおけいこ」をしています。 今回、GWに「いつもの道を丁寧に歩いてみる」をテーマにした講座を開催します!  

舞台は東京。遠出をせずに、近所で楽しむ

いつもの道。 毎日、学校への通学路、会社へ向かう道。 毎日、歩いてはいる。 しかしながら、意識は、学校のこと、仕事の事・・・ 実は毎日歩いている道の事に、目がいっていないかもしれません。 森の演出家、土屋一昭氏をゲストに招いて、 日常の道を非日常へとシンカ(進化・深化)させていきます!

森の演出家協会 土屋一昭氏とは?

土屋さんは、森の演出家協会の代表として、 普段は奥多摩の自然溢れる古民家の中で、魚を釣ったり、野草を天ぷらにしたり、 鳥との話をする傍ら、現代人が失いつつある“心の豊かさ” や“生きる力” を 皆様に体感して頂くための活動をしています。

森の演出家協会代表 土屋一昭氏 プロフィール

幼少期より豊かな自然に囲まれ育つ。 社会に出てからは都内のそば店に勤務しながら、愛する奥多摩や青梅で釣りガイドなど行っていたが、 自然と人との距離、現代の食との係わり合いに疑問を抱き、自然の魅力を訴える業へ転進した。 2011年、東京都青梅市の御岳にある築150年の古民家を拠点に 「森の演出家」の第一人者としての事業を開始。 古き良き日本文化と自然体験を行うサービスを提供し、 自然と共に生きる彼の姿は多くの人々の心を惹きつけ話題となり、 現在はTVや雑誌などのメディア出演や大使館・自治体からの依頼で全国各地を飛び回っている。  

文京区を舞台にした土屋メゾット”五感セラピー”体験!

  通常は奥多摩をはじめとした、日本各地の森が舞台となる 土屋メゾットの”五感セラピー”ですが、今回の舞台は、東京駅から丸の内線でほど近く。 茗荷谷の駅から徒歩5分の茗荷谷にある「そとんち」に集合します! 「そとんち」で自己紹介などを行った後、 普段、何気なく通っている道の中にある自然を巡りながら散策します。 鶯の方言の話や、様々な鳥のオス鳴き、メス鳴き。 鳥と会話しながら、鳥を呼び寄せてしまう! という、とっておきの技を目にすることができるかもしれません。 GW終了後、毎日の通勤・通学している道の自然の景色に目が行き、 通勤・通学の楽しみが増えるかもしれません。    

2018年GWの特別ツアーの詳細

2018年5月5日(土)10時〜13時 集合場所 (ご連絡を頂いた方にご連絡します) 参加費 大人3,500円 子ども(小学生)1,750円 未就学児無料 ※昼食の準備はありません。 ※前日の時点で、降水確率が70%以上の場合には中止します。 中止の際は、お申込みいただいた方へご連絡します。

 お申し込みは下記からどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 丁寧に生きるために22時に眠ることを試みる
  2. みんなで夕食会
  3. 自分にフィットする言葉を見つける
  4. 元シュガーの長澤久美子さんのリアルを聞こうから印象に残ったこと3つ!!
  5. 全国各地のご自宅から参加可能!オンライン版:自分の声を聴くことから始める言葉のおけいこ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。