プロフィール

 
板谷友香里 NPO法人soap.jp事務局長(理事)・コミュニケーションコーチ。
メガバンク出身。社会的企業の経営支援、持続可能な共助コミュニティ運営支援など、
NPO/行政の恊働支援を通して社会的事業を根付かせる活動を行っている。
 
==
 
生きるために食べるのではなく、食べるために生きる位に食べる事を大切にしている。
週末には、都心から離れて漆のお茶碗を作ったり、
南足柄や古里での自然の中で丁寧な生活をしている。
 
■携わっているプロジェクト

NPO法人sopa.jp(ソーシャル・パートナーシップ・ジャパン)
 
Create Lifestyle Support Team
 
あなたらしく、転勤ノオト。
 
ティラノサウルス女子会
 
こちらにも私の詳細プロフィールや背景となる想いを掲載しております。
↓↓↓
http://sotonchi.info/sotonchi/
 
 
  <活動実績>
リユースfor きっず」平成27年度環境省使用済製品リユースモデル事業に選出
アメリカ山ガーデンアカデミー」開業・運営支援
ラボアンドタウンまちなか学童/キンダリーインターナショナル」開業支援
文武両道の放課後を実現「プラス・スポーツ学童クラブ」開業支援
太陽の下で遊ぶ学童保育「サニースクール」開業・運営支援

<講演実績>
埼玉県ウーマノミクス課主催 女性就職応援セミナー 子どもの居場所講座 基礎編・応用編 講師
株式会社アミタ「学童保育×CSRJAPAN」イベント 講師
株式会社リタリコ Leafジュニア蒲田教室 「小学生からの放課後の使い方」講演
ネットワークウーマンリレーションにて「女性のキャリアと小1の壁」講演
2030Vision 「小1の壁」についての取り組み 講演
絆+ 「意図を明確に自分自身で生きるということ」講演
楽天株式会社 ファミリーエンパワーメント同好会 講演
 
■伝えたいこと■
やわらかなアルトの声でゆっくりと。 あなたに伝えたい大切なことをひとつずつ。
やわらかな春の雨が大地に染み込むように あなたに大切なことを伝えたい。
あなたは話すことが苦手なんじゃない。 優しすぎるんです。
あなたが今、話をするのが苦手でも お稽古すれば大丈夫。 だって、わたしがそうだったから。  
 
■今後の想い■
1日1日を丁寧に生きることと、
自分の想いを丁寧に言葉にできる人を増やし、応援し合える社会を創ること。
 
自分のやりたいことをやりながら自身の価値を高め、

それぞれが幸せに生きていける場と、
それらを全国に拡げていける仕組み
をつくりあげていくこと。

◼︎katharsis 壁超えSTORY 発達障害を、個性に、強みに生きてきた

① chapter1 26歳、典型的なADHDと診断

② chapter2 先生を泣かしてしまう、できる子

③ chapter3 興味関心が移ろいやすい

④ chapter4 空気は読まないが、自分の正しさを通した

⑤ chapter5 オーバータスクの大学時代、“よしな”がわからないOL生活

⑥ chapter6 発達障害を個性として活かしませんか?

 

 

RETURN TOP