元シュガーの長澤久美子さんのリアルを聞こうから、印象に残ったこと3つ!!

この記事は2分で読めます

元シュガーの長澤久美子さんのリアルを聞こうから印象に残ったこと3つ!!

 

昨日、元シュガーの長沢久美子さんと、
作詞家でプロデューサー/ディレクターの古田さんのお話を聞きました。

シュガー

「しお(塩)らしくない」から「シュガー」って凄い名前ですよね。

ウェディングベルという曲が有名です。

元彼の結婚式に呼ばれて、「くたばってしまえ!」と思う歌詞。
今や、6月のウェディングの時期の定番のようでもありますが、
当時、今よりも、さらに女性が従順な女性がもてはやされていた時代の中では、
斬新だったと思います◎

 

これは、驚異の女子会ティラノサウルス

という女子会の「リアルを聞こう」というコーナーの一幕◎

実際の凄い人をゲストに読んで、なかなか聞けないお話を聞いて、
触発を受けたり、学びを得ることができるという機会!

なかなか出会えない方にお会いできるので、
月に1回のこの機会をとっても楽しみにしています♬

昨日、長澤久美子さんと古田さんのお話を聞いて、私が印象に残った事を3つお伝えします!

 

①きちんと明確な軸を持つ

結成当初から、「売れたい。」「レコードを出して、デビューしたい」という思いを持ち、
そこに向かって、何を活かせるかということを考えていたそうです。
だからこその、コーラスであり、3人でやることが目立つのでは?ということ。
オリジナルをやることを大切にされていたそう。
自分の軸を持って、そこに沿って生きていくというのは、シンプルですよね。

 

②自分を中心に見据えながら取り組む

様々な意見に惑わされそうになっても、
自分の意見を中心に持っておくこと。
自分の意見に固執するのではなく、
緩やかに受け入れながらも、自分を中心に据えておくこと。

時として、他人から言われた「あなたって、こういう人だよね!」を
そのまま採用してしまって、人から言われた「自分」を演じてしまうことも
あるかもしれません。
自分を持ち続けることの大切さに改めて気づかされました。



③チームは大切!1人じゃ何もできないし、始まらない

「いいチームができなと売れない。」

「ヒットは良いチームから生まれる」

という言葉が出ていました。
デビューするにしても、日常の仕事でも、チームが大切ということ◎

 

 

長沢久美子さんの現在

80年代に一世を風靡した長沢久美子さん。
現在は、デザイン会社を経営しているそうです。
現在も、ミキさんと一緒にお仕事をされることもあるそうです。

NPO法人を立ち上げ、犬の殺処分をなくすためという意図を持ちながら、

「飼い主さんから愛犬へ綴るラブレター。」という活動もしているそうです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ダハハ会
  2. 丁寧な暮らし〜コスメボックスを整えて動線を整理する〜
  3. あなたにとって居場所とは?30分の居場所にまつわるトーク♬
  4. 不登校は不幸じゃない8月19日開催!
  5. 夜のお茶会
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


元シュガーの長澤久美子さんのリアルを聞こうから印象に残ったこと3つ!!