丁寧な暮らしを体験できるおうちの外の、もう1つのおうち。

漆の世界に一歩足を踏み入れる

漆の世界に一歩・・・

板谷です。

今回は漆にまつわるお話。

1年間かけて漆の器を制作することが定番になってきました。

12月は仕上げ。

裏面にヤスリをかけました。

裏面に細かな段差を作り、色を入れます。

今回、私は朱色をセレクトしました。

日本らしさのある、素敵な器が出来上がる予感です。

英語で、「japan」とも呼ばれる漆。
漆は漆の木の樹液が原料です。

その歴史は古く、縄文時代からだと言われています。
漆を塗ることで、水漏れを防ぐことができ、口当たりの質感も格段によくなります。

 

器も漆風のプラスチックのお椀などが増えてきていて、

正真正銘の漆に触れる機会そのものが減ってきてしまっているかもしれません。

漆と仲良くなれる機会があります!

私の漆の師匠である野田とし子さんの「漆のうつわ展」です。

「リビングアート 彩香」さんにて開催されています。
場所は、東京都世田谷区桜新町2-5-16

桜新町は、サザエさんの街という印象が強いのですが、
今回、初めて降り立ちます。
私はこれから足を運ぶ予定なのですが、既に出かけられて方から、
素敵なお写真を共有いただきましたので、ご紹介します。

お店の前にはきちんと「漆器展」であることが示されているとのこと。

鮮やかな色の器たち。

様々な種類があるようです。

漆の器でいただくお味噌汁は格別です!

様々なデザインです。

絵柄のあるものも素敵。

器を手に取りながら、その器に何を載せるのか。
どのような時間を過ごすのかを考えることもとても楽しい一時です。

こういった時間もとても丁寧な時間ではないでしょうか。

私も近々、足を運ぶ予定でおりますが、
是非、お近くに行かれた際には、足を運んでみてくださいね♬

私の制作した漆の器は、「そとんち」でのご飯の時間に活躍しています!
今月分の「みんなでご飯」は既に満席ですが、
1月からの予定が解禁になりましたら、是非、チェックしてみてくださいね。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 特定非営利活動法人sopa.jp事務局長・CLST東京主催
 板谷 友香里/ ITAYA YUKARI
 〒112−0002 東京都文京区小石川5−13−6 マンションマキ204
 TEL: 070-5464-3070
 Email: yukari.itaya@sopa.jp
 URL: http://www.sopa.jp/ https://www.clst-sf.com/
 そとんち:http://sotonchi.info/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

Related Post

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク